ヒーリングを効果的に受けるための3つのコツ

更新日:2021年11月20日






その方が今抱えていらっしゃる課題を解決するために、癒やしのエネルギーを用いるヒーリング。


癒やしなのですから、黙ってエネルギーを受け取るだけでよいのでしょうか?


もちろん、それだけで十分効果があるときもありますが、

さらに効果を高めるための3つのコツをご紹介しましょう。



■①静かで落ち着く環境で受ける

センシティブなテーマを扱うことが多いスピリチャルヒーリングですが、

できれば静かで落ち着く環境で受けるようにしましょう。


うるさかったり、何かに中断されると、せっかく流しているエネルギーが

うまく受け取れない場合があります。


また受けながらスマホを操作するなど、他のことをやりながらですと気が散りますので、

これも癒やしの効果が得られない可能性が高いでしょう。


なおヒーリングのセッションがどのような流れで行われるかは、こちらをご覧ください。



■②積極的に対話に参加する

「リラックスして受けたいので、考えるのは手放したい」ということも、

あるかもしれません。


しかし当サロンのスピリチャルヒーリングは、主に対話を通して、お客様自身に考えていただくことが前提となっております。


ご自身が自ら見つけ出した答え(≒癒やすポイント)だと、より納得度も高く、

課題の根底からの解決に繋がりやすいのです。


逆に考えられないということは、そこに「考えたくない」という

「思考のブロック(行動を妨げてしまう考えや思い込み)」が

あるということかもしれません。


言い換えればそこに課題の土台があるとするならば、

それを避けては根本的な解決はしにくいともいえるでしょう。


ヒーラーが問いかけたことに対し、ぜひ積極的に考えて、それを口に出してみてください。

ヒーラーはあなたが発した言葉を霊的な観点でキャッチし、

そこから課題の本質へアプローチしていきます。


顕在意識では考えもつかないことを発するご自身の姿にはっと気が付き、

ヒーラーとの対話を通じて、より深い潜在意識にある解決の原因を突き止め、

解決への道を最短で辿ることができるのです。



■③結果を真摯に受け止める

スピリチャルヒーリングを進めていくうちに、時にはご自分でも驚くような事象に遭遇することがあるかもしれません。


たとえば今気になっていることが、遠いご先祖の思考から来ているものや、

その時代の集合意識によるものという場合など、自分の顕在意識でははかることができない事実が浮かび上がってくることがあるのです。


それは時には認めたくないことであったり、にわかに信じられない情報であることも。


しかしまずはヒーラーからのメッセージを、真摯に受け止めてほしいのです。


ヒーリングセッションは、ご本人には気が付かない部分を扱うことが多々あります。


それを否定せず、想定外の展開に純粋な興味関心を抱き、そこから発するヒーラーの問いかけに考えて答えることが、癒やしを進めることになるのです。




■終わりに

ヒーリングの上手な受け方のコツをまとめますと、以下の3点になります。


①静かで落ち着く環境で受ける

②積極的に対話に参加する

③結果を真摯に受け止める


どれもご自身の課題を解決し、

そして癒やしが効果的になされるための大切なポイントです。

なお、考えても考えても「わからない」という場合もあるでしょう。

そのような時には遠慮せずに、ヒーラーにそのことをお伝えください。


またヒーリングの最中はお客様の「自由意志」に基づいたものになりますので、

上記で難しいものがある場合には、お申し出いただければと思います。


より効果的な癒やしと課題解決を目指して、ヒーリングセッションを上手に活用してみてくださいね。



▼セッションのお申込みはこちらから

閲覧数:39回