top of page

チャクラは開けば開くほど良い?




「チャクラ」という言葉を、 お聞きになったことはありますでしょうか。


「チャクラ」とは簡単にいうと 「エネルギーが出入りしている場所」です。

人体には7つのチャクラがあり、 人間のエネルギーはこの「チャクラ」を起点にして、 車輪のように絶えずグルグルと回り、 活力を生み出しています。 つまり「チャクラ」とは、 心身の働きを司る「エネルギーの出入り口」ともいえるでしょう。


よく「チャクラが開いた!」という言い方を聞きますが、 チャクラは開けばよいというものではないのです。


たとえば「第5チャクラ(コミュニケーションを司る)」が必要以上に開くと、 「人の話を聞かずに自分の話ばかりする」ようになってしまうかもしれません。

また「第4チャクラ(感情を司る)」が発達しすぎると 「人の気持ちを優先し、自分の感情を押し殺してしまう」こともありえます。


このように7つのチャクラは、 適切なバランスをとることがとても大事なのです。


チャクラを整えるのに一番簡単なのは、 プロのヒーラーに依頼することですが(笑)、 静かな環境で軽く目を閉じて瞑想をしてみるとか、 鼻からすってゆっくりと口から出す「呼吸法」をしてみるなど、 ご自分で整えるやり方はたくさんあります。


ぜひ心を穏やかにして「チャクラ」を整え、 心身共に安定し、エネルギー的に健全な状態を目指してみてくださいね。

スピリチャル情報満載の無料メルマガのご登録はこちらから!

閲覧数:15回

関連記事

すべて表示
bottom of page