top of page

作業効率を上げてさっさと終わらせるヒーラー的秘策




先日久しぶりに大きな原稿の

お仕事をいただき、

バタバタしていました。


内容もさることながら、

ボリュームと締め切りが

ありえないくらい超ハード!


正直「それはさすがに無理でしょう」

というレベルでした。

しかしそこはヒーラーなので(笑)、

なんとか策を練って行動し、

切り抜けました。

は作業効率を上げて

さっさと終わらせるために、

何をどうやったのか

秘策をシェアします。

✼••┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈••✼

① やることをシンプルに細分化する

大量のタスクを

急いでやらなければならない時は、

「ああ、もう、何をどうすればいいの?」と、

パニックになりがちです。

しかし目の前のことを整理し、

フローをこんなふうに細分化してみました。



1)何をするのか

2)プロセス(どうやって進ませるのか、そのやり方)

3)スケジュール

4)アウトプット(最後にどんなものを出すのか)



シンプルに細分化されると

一気にやることが

増えるように思えるかも

しれませんが、

何をすべきかが明確になるので、

実は効率的に進めることができます。

② 集中できる時間を確保する

「人が集中できるのはMAX2時間」

という説があります。


私もそれくらいが限界です。


ですのでまずは1日の中で

集中できる時間を

最低2時間確保しました。


「とにかくやらなきゃ!」だと、

だらだら時間が過ぎてしまうこともありますし、

受験生のように「今日は一日中とにかく頑張る!」

みたいなハードな目標だと、

大人はあっという間に挫折します

(私もよくやりました…)。

もっとシンプルに「○時からの2時間は集中してやる」と、

作業する時間を明確化すると、

思ったより進みます。

③ 場所を選ぶ

効率を上げるには、

場所はとても大切です。


私はうるさいところがダメなので、

とにかく静かな場所を確保しました。


家の中のこの一角が落ち着くとか、

いい雰囲気のカフェが好きなど、

人によっていろいろとあると思いますので、

自分にとってベストな場所を探してみてください。


お天気がよければ公園など、

屋外もおすすめですよ。

さらにどうしても落ち着かない時には、

「その場を癒す」こともやりました。


④ 作業の前後に必ず自分を癒す

作業を始める前、

そして作業の間の休憩時間、

さらに終わった後は

必ず自分をリセットさせるために、

自分自身を癒しました。


時には脳や目など、

体の部位をヒーリングすることも。



疲れていてもいなくても、

まず“自分を癒す”ということを

習慣づけました。

⑤ 時間を曲げる

シータヒーラーにはお馴染みの「時間を曲げる」。

これはかなり効果的ですので、

できる方はぜひやってみてください。


これをやるやらないとでは、

作業効率が明らかに違います。

「基礎DNA」を習った人なら

誰でもできますので、

ぜひぜひ活用しましょう!

✼••┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈••✼



ちなみに私はこの方法で

通常なら1ヶ月くらいかかるところを、

今回約3日で終わらせました(いやー、頑張りました!)。 気になる方はどれかひとつでもいいので、

ぜひやってみてくださいね。


スピリチャル情報満載の無料メルマガのご登録はこちらから!


閲覧数:22回0件のコメント

関連記事

すべて表示

Comments


bottom of page