top of page

魂レベルの学び







今日はシータヒーラーの方向けに

私が体験したことをシェアしたいと思います。


実は先日とあるシータヒーリングの

実践会に参加してきました。


テーマは「魂レベルの学び」について。


基礎DNAでやる「思い込みの4つのレベル(核、遺伝的、歴史的、魂)」のうち、

「魂レベル」にフォーカスしたものでした。


会の流れとしては…

①魂レベルについてのレクチャー

②リストに基づいた筋肉反射テスト

③ペアワーク


…という、よくある(?)ものなのですが、

興味深かったのは②の筋肉反射テストをすべて

「魂のレベルで」でとってみることでした。


よくイシューを明確にするために、

筋肉反射テストを「全てのレベルで」

または「どこかのレベルで」で

取ることが多いと思います。

しかし、これをあえてすべて「魂のレベルで」で とってみるというものです。


私は普段この手のチェックをしても

そんなに大量にひっかかることはないのですが、

今回はまったく様子が違っていました。


まずチェックリストを手に持った途端に体が硬直し、

リストが読めない。


そしてなんとか読もうとしても声が出ない。


さらに読んでもつっかかる。


しまいには間違えて読んでしまう。


…もう何をどう考えても明らかなブロックでした。


またさらにすごかったのは、「3つのR(拒絶、憤り、後悔)」に 関するリストをチェックする際に、 ただ表面的にやるのは違うなと思ったので、

創造主に「何について扱うべきですか?」と聞いたところ、

まったく知らない国名がぽんと出てきました。


つまり「私は◯◯という国に憤っています」という、

まさにシータの「ワールド・リレーションズ」で 扱う感じのもの。


驚いたことに私は行ったこともなければ、

どこにあるのか正確にも知らないような国に対して、

激しい憤りの感情を“魂レベル”で持っていることがわかったのです。


セミナーが終わった後、あわててセルフワークをし、

なんとか解消をしたのですが、

とにかく魂レベルの根深さと大切さを実感した

貴重なひとときでした。


よくやる「どこかのレベルで」というチェックを、

あえて「魂レベルで」に置き換えてみたことで、

日頃自分では封印しているような奥深いところにある、

とてつもない課題が炙り出されてきたのです。


その課題に触れるのはとても怖く、

勇気がいることですが、

そこに踏み込むことで

大きな気づきと学びが得られたように思います。


よろしければ、ぜひやってみてくださいね。


スピリチャル情報満載の無料メルマガのご登録はこちらから!


閲覧数:11回0件のコメント

関連記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page