top of page

セッションを受けてもうまくいかない時

更新日:2023年11月28日



昨日、私はスピリチャルヒーリングのセッションを受けていました。


もちろん自分でも自分を癒すことはできますが、

時々こうやってプロの方のセッションを受けることは

私にとって欠かせないことです。


セッションのメリットを感じているからこそ、

積極的に受けているのですが、

逆に私がヒーラーとしてセッションをお受けする場合、

残念ながら「受けてもうまくいかない」というケースもあります。


さまざまな要因が考えられますが、

よくあるのはクライアント(相談をする人)の

セッションに対する向き合い方に原因がある場合です。



たとえばこのようなことです。


✼••┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈••✼


【セッションがうまくいかない場合によくあること】


・「どうせ変わらない」と思い込んでいる

あるいは「スピリチャルなんて嘘だ、お遊びみたいなものだ」

と思ってる場合、なかなか現実は変わりません。


「受けるなら本気で変えたい」という姿勢であればあるほど、

現実は変容します。


・変わるのが怖い

たとえばダイエットしたい人が、

本当は1人で落ち着いた生活をしたいのに、

望むような体型になってしまったら、

注目されてしまい落ち着かなくなる…

ということへの恐れの類です。

・受け身な場合

癒すのはヒーラーで、

クライアントは受けるだけ…という姿勢だと、

なかなか変わらないことが多いと思います。


特にシータヒーリングのように、

クライアントの方と対話をしながら

進めていくスタイルは、

悩みにきちんと向き合い、

積極的に関わる姿勢が求められます。


✼••┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈••✼


もちろんヒーラー側の力量不足や、

コミュニケーションの問題などもあるかもしれません。


しかしどんな方に対してもセッションの場では、

ヒーラーは真剣にクライアントの方に寄り添い、

クライアントの方が潜在意識・顕在意識ともに

望む方向に向かうよう、全力で後押しをします。


そしてセッションは

絶対に安心・安全な場ですので、

リラックスしてお受けいただければ幸いです。



▼セッションのお申し込みはこちらから

(※ご予約が確認できましたら、お支払いのご案内をお送りいたします)


スピリチャル情報満載の無料メルマガのご登録はこちらから!


閲覧数:31回0件のコメント

関連記事

すべて表示

Comments


bottom of page