top of page

やはり両方の視点が大事




今日は私の体験を、 シェアさせていただきたいと思います。

実は数日前から目の調子が悪くなり、

気がつけば真っ赤になっていました。

そのうち涙が止まらなくなり、

痛みも増してきて、

まったく仕事にならない状態に。

あまりにもひどかったので、

もうすべてを諦めて、 セルフワーク(自分で自分を癒すこと)を

することにしました。

まずは自分をボディスキャン(体内霊視)しながら、

目を重点的にヒーリング。

体内をよく見てみると、

目だけでなく、痛みから全身が疲れており、

特に肩こりがひどい!

肉体への働きかけが終わった後は、

創造のエネルギーに聞きながら、

思考や感情への働きかけにスイッチ。

「痛みに耐えてこそ、一人前」という 謎の(?)思考があったり、

「現実を見ないことで神聖さを学ぶ」 というありえない(!)思い込み… などがあることを確認し、

すべて手放したり置き換えたりなど…で、

一通り終了しました。

終わった後、痛みは止まったのですが、

鏡で自分の顔を見たら、 相変わらず目が真っ赤!

もう一度創造のエネルギーに尋ねたところ、

「あとはちゃんと病院へ」とのことでしたので、

あわてて眼科に行き、今は落ち着いているところです。

原因は極度のドライアイで、

パソコンとスマホの見過ぎが原因とのこと。

ヒーラーはもちろんセッションをするのがメインですが、

それ以外にこうやってメルマガを書くなど、

意外とパソコンに向き合う時間が長いんです。

またヒーリング系の書籍も最近はほぼ電子書籍ですので、

デジタルデバイスに触れる時間はかなり長時間。

完全に目を労わることを、忘れていた結果、

まるでホラー映画に出てくるような赤目になっていました。

(絶対に人に会えないレベル…)

今回はヒーリングと通院という現実を組み合わせ、

一番ベストな状態に早く持っていくことを行ったわけですが、

このようにスピリチャルな観点と

リアルな行動をワンセットにして考えると、

スムーズにことが流れるように思います。

どちらかに偏るのではなく、

両方の視点も活かした形で

物事を最適化するのがよいのではないでしょうか。





スピリチャル情報満載の無料メルマガのご登録はこちらから!


閲覧数:18回0件のコメント

関連記事

すべて表示

댓글


bottom of page