top of page

自分が変わると人間関係が変化するのはなぜ?






最近、なぜか

人間関係のご相談を受けることが増えてきています。


私が友達だったら「えー、そんなめんどくさい人、離れちゃえば?」と

つい言ってしまいそうですが(笑)、

友達ではなくヒーラーなので、

どんな状況でもヒーリングのセッションで対応します。


おもしろいことに「こんなひどいことをされた」

「あんな常識外れの人は絶対に変わらない」ということであっても、

ご相談をしてくださった方を癒すことで、

人間関係ががらりと変わる事例が何度もありました。


もちろんセッションの中では

そのひどいことをしてくる方に対し、

何か魔法をかけるようなことをするわけではありません。


あくまでもご相談者を癒す、ということで

セッションを進めます。


それなのに、なぜ相手が変わった (かのように見える)のか。


「引き寄せの法則」と言われるように、

よい行いや思いはポジティブなものを

引き寄せるというのは本当にあると思います。


なので逆もしかりで、

「あの人、許せない!」という

マイナスの考え方をしていると、

ネガティブな現実が引き寄せられてしまうのです。


では機械的に「いいこと」ばかり考えていればよいかというと、

そうではなく、

あくまでもその方自身が 「なぜそのような現実を引き寄せているのか」という

根源的なところにフォーカし、 そこを改善していくような働きかけをしていくのです。


たとえばその人から嫌なことをされて、

「どうしても許せない」と思ったことと、

同じようなことを幼児の時に体験し、

その心の傷が記憶の奥底に残っているためというのも、よくあること。


その場合には「幼児の時の体験」を癒す、ということを

やっていきます。


そうやって今目の前で繰り広げられる、

ネガティブな人間関係の「根本原因はどこにあるのか」をさぐり、

そこを癒していくと、現実が変化する…という仕組みです。


人間関係でお疲れの方は

ご自分の中にある何がトリガー(心理的引き金)になって

現実を引き起こしているのか、

考えてみるといいかもしれませんね。






スピリチャル情報満載の無料メルマガのご登録はこちらから!


閲覧数:15回0件のコメント

関連記事

すべて表示

Comments


bottom of page