どのような占い師になりたいか、明確になりました!




今回、Honokaさんの「占い師デビューサポートプログラム」の1回目を受けて、一番大きかったのは、独学でやってきた自分の占いに対して、プロの方に客観的に見てもらえる機会を得たことです。そして、自分の中で、どのような占い師になりたいか明確になってきたことです。

長い間、趣味として、ライフワークとしてそばにあった西洋占星術とホロスコープ。 友達や家族、職場の人などを見るようになって、今は知らない方からの占いのご依頼が来るようになりました。ご依頼がいただけるというのは、頼りしてくださってるということだと思うので、誠心誠意お応えするべく、ホロスコープやタロットに向き合っています。 ただ、目に見えないものでもあり、それが本当かどうか自分でも自信がないまま占っているので、いまいち、自分が何をどのように読んでいるのかわからなかったのです。


今回、Honokaさんに、ホロスコープを読むときに、インスピレーションも一緒に使ってることをご指摘いただき、そこを見てくださったことにとても感謝しています。 それを今後、どのように鍛えていって、自分の占いとしての強みにしていくかも教えていただき、今はそのように、両方の基礎力を強固なものにしたいと考えています。 現在は、Honokaさんに教えていただいた占いのツールを使って、もっと効率的に読めるように練習しています。星を読む基礎的能力を磨いていきたいと強く思い、日々ホロスコープを読んでいます。

また、決められた時間で鑑定をすることも大切だと思いますので、どのようにして鑑定して行くかも知りたいと思っています。


そして今、自分の中で、ホロスコープを読むことと同じくらい、ヒーリング能力(が自分にあるのかどうかわかりませんが)をつけたいという思いが、強く出てきました。 と言いますのも、占いのご依頼を下さる方々(主に女性ですが)、いろんなことに傷ついていらっしゃることが多く、それを少しでも癒したり、癒すきっかけを与えられたらと前から感じていたのでした。 占いでも、そのお手伝いはできますが、もっと直接的にヒーリングしてあげたいですし、それができるなら勉強したいと思っています。


ただ、昔、ヒーリングに関して勉強しようと、とあるツールについて教えてもらっている時に、それが本当にヒーリングに関するものなのか、それとも全然違う怪しいものに繋がってるのか、混乱するような事柄があって、それ以来、目に見えないものを扱うことの恐怖が自分の中で強くあるようです。 星占いをする時もそれはありましたが、ヒーリングに関しては、慎重に考えている自分もいます。


それでも、現実に、私自身も数々のヒーリングに癒されてきましたし、それのおかげで乗り越えられたこともたくさんありますので、それについて、再度、向き合ってみたいと思っています。


星を読みながら、それに応じて必要なヒーリングもしてあげられる占い師になりたいです。

それを踏まえて、Honokaさんが、変更案で考えてくださったカリキュラムでお願いしたいと思っています。 特に、Honokaさんが会得している技法一覧は興味があります!

どうぞよろしくお願いいたします。

▼ご依頼やご相談はこちらより承っております。


閲覧数:19回

関連記事

すべて表示