top of page

タロットは怖いもの?






私はイベントで占う時に、

タロットカードをいくつか持っていくことにしています。


イベント会場ですと「初めてプロに占ってもらう」と

いうお客様も多いので、


まずはどんなもので占うのか実際に使うツールを見てもらい、

時には手に取っていただいだき、

占い自体に興味を持ってもらうところからスタートします。


すると時々「タロット? 絵柄が怖くてイヤ!」

言われることがありまして。


確かにタロットカードは多彩な絵柄があることが魅力でもあり、

絵柄から様々なインスピレーションを得られることがあります。


ですので、人によって「ユニーク」に見えたり、

逆に「怖い」と思われることがあるんですよね。


もちろん脅すためにカードがあるわけではありませんので、

ちゃんとカードの意味をご説明しながら鑑定しますのでご安心ください。


逆にタロットを見ているだけで、

なんだかわからないけれど、心惹かれる…という方も

いらっしゃるかもしれません。


そんな方にはよろしければ、

今カードが手元になくても受講できる、

超初心者向けのオンライン講座もありますので、ご覧になってみてください。


※Udemyへのご登録(無料)が必要です。 いずれにせよ、タロット占いはカードを目で見ながら占うものなので、

目から入ってくる情報からの印象が、いかに大切かわかりますよね。


私がやっているシータヒーリングでは、

「目は“魂の窓”」という表現をすることがあります。


対面のヒーリングセッションでお客様の「目」を見ていると、

その人の感情や記憶が潜んでいるのがわかることがあります。


それくらい「目」には様々な情報が蓄積されているのです。


逆に「見たくないもの」が浮上することもあります。


現実を見たくない

真実を見たくない

自分の本心を見たくない


もしかするとタロットカードを見るのが苦手な方は、

心の奥底でこのようなお気持ちがあるのかもしれません。


でもそれがダメということではないんです。


誰でもあることですし、

ヒーラー同士でセッションをしていても「見たくないもの」だらけで、

セッションが全く進まないこともよくあります(笑)。


大切なのは、なぜ見たくないのか、ということ。


そこを考えてみると、自分の本質的な課題が見えてくるかもしれません。


ぜひ考えてみてくださいね。

スピリチャル情報満載の無料メルマガのご登録はこちらから!

閲覧数:2回

関連記事

すべて表示
bottom of page