top of page

やってもすぐ挫折する時には◯◯◯◯ステップ







「やろうと思ったものの、すぐ挫折してしまう」


そんな経験はありませんか?


たとえば運動、語学などの勉強といったものから、

掃除や洗濯などの日常生活の中のことまで、

「ちゃんと目標を決めて、 絶対にやりたいと思ったのに

なぜか継続せずに挫折してしまう」 ということをやってしまいがちです。


そしてできない自分を責めてしまったり、

それを実践している人のことを羨ましたったり、

時には非難してしまうこともあるかもしれません。


いずれにしても挫折はネガティブな思考を生み出し、

さらにマイナスの現実を作り上げていってしまいます。


もしもこれを繰り返しているのでしたら、

そろそろやめてみませんか?


やり方はいくつかありますが、

一番簡単なのは「やることを細分化して進める」、

いわゆる「スモールステップ」というものです。


たとえば「毎朝30分ジョギングする」 という目標があったとします。


もちろん初めからどんどんできる場合は そのままでよいのですが、

2日目で挫折したら、 すぐに「スモールステップ」に切り替えましょう。


たとえばこんな手順です。

✼••┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈••✼


・朝走りたいと思っていた時間に起きるようにする

 →まずは「起きる」だけでOKです! この段階では「起きる」がゴールなので。

・起きたらランニング用のウェアに着替える

・着替えたら玄関まで行く

・玄関までいったらドアを開けて外に出る

・外に出たら家の周りを一周歩いてみる

・家の周りを一周歩けたら、5分くらい歩いてみる

・そこから1分ずつ、時間を伸ばしてみる

・歩くのではなく、軽く走ってみるようにする

✼••┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈••✼

こうやって小さな積み重ねを毎日少しずつ進めていくと、

気がつけば30分のジョギングができるようになっている、

という仕組みです。


人によっては「走るためのウェアをネットで探す」とか、

「どこを走るか地図アプリで考えてみる」というところから

始めるのもよいかもしれません。


とにかく挫折する1番の原因は 「目標が大きすぎること」。


運動したこともない人が 「フルマラソンに出る!」といって いきなり走り出しても、

うまくいかないと思います。


それよりも「初心者はどんなシューズがいいのか」を 検索してみるところから

始めてみるなど、 「スモールステップ」で進めるほうが、

時間はかかったとしても、 最終的に目標達成できることが多いのです。


それでも挫折する時は、

もしかすると「本当にやりたかったことが違う」 のかもしれません。


たとえばジョギングをしたかったのではなく、

「決めたことを最後までやり抜くことができる」

自信をつけたかったのかもしれません。


あるいは「大人は健康管理をすべき」という、

集合意識による影響もありえます。


その心の奥底にある 「本音」の部分に向き合うことが、

自分を変えることにつながります。


1人で向き合うのが難しい時や、

何度も「また挫折してしまった」 という負のループから抜け出せない時は

ヒーリングのセッションが効果的かもしれません。


そんな時にはぜひご相談ください。


スピリチャル情報満載の無料メルマガのご登録はこちらから!


閲覧数:21回0件のコメント

関連記事

すべて表示

Comments


bottom of page