top of page

その「トラウマ」はホンモノ?






いろいろなご相談を日々受ける中で、

よく言われるのが「トラウマなんです」という言葉。


たとえば「年下との恋愛は

トラウマなので無理なんです」とか、

「そこの場所に行くと昔の

トラブルを思い出して、もうトラウマ級に

落ち込むんです」とか、

いろいろなお話の中で出てきます。


もちろん言葉を使うな、

ということではないのですが、

それはホンモノ(?)のトラウマかどうか、

見分けをつける必要があると思っています。


私は専門家ではないので、

あくまでも一般論ですが、

「トラウマ」とは心理学の用語で

「自分では対処できない、

圧倒されるような体験による心の傷」

を指すことが多いと思います。


もちろんトラウマという現象自体は

事実として世の中に存在していますし、

そのようなものを抱えて来られる方も

いらっしゃいます。


ただ時にはそれが

「自分の思い込み」であることも、

あるのです。


ですので、「私はトラウマを抱えている」

と思った場合には、

一度「それは本当にホンモノの

トラウマか?」ということを考え、

「どうしてそう思っているのか」という

原因部分にフォーカスしてみると

解決策が見えてくることがあります。


あるいはまずは自分を心身ともに

リラックスするようにして、

心と体の緊張を解きほぐす

ことをやってみても、

よいかもしれません。


もちろん私たちプロのヒーラーに

解消を依頼するのも、有効です。


「トラウマだから、もう無理!」と 条件反射で思考をシャット

アウトするのではなく、

まずは「解決するには

どうすればいいか」というふうに、

舵を切り直してみましょう。

そうして少しずつ、 未来を自分の手で開く 方向に持っていくと

また考え方も、 そして現実も変わってくると思います。



スピリチャル情報満載の無料メルマガのご登録はこちらから!


閲覧数:22回0件のコメント

関連記事

すべて表示

Comments


bottom of page