top of page

満月の日に願いを叶える方法



「満月」というと、

「願い事をしなくては!」と思うかもしれません。


しかし急いで「今すぐ何かをやろう!」と思うのではなく、

満月の日に願いを叶えるためには、

実は少し遡って考える必要があるのです。


それは前回の新月の時に何を願っていたか、ということ。


実は新月と満月は呼応の関係にあります。


つまり「新月の日に願ったものが、満月の日に叶う」

という構図があるのです。


そのためには「どの星座で満月が起きるか」が重要です。


たとえば今回、牡羊座で満月が起きるとしましょう。


すると前回の牡羊座の新月の時に願ったものが

今日の満月で叶う、という関係が成立しているのです。


新月の時、あなたは何を願ったでしょうか?

もしくはこの頃「こうなればいいな」と

思っていたことは、なんでしょうか?


そしてそれを叶えるために、

どのような努力をしてきたでしょうか?


願いを叶えるためには、

もちろん願いを意図する

ということから始めるわけですが、

それに向けて努力し、

「行動」をすることが必要です。


つまり「意図する→願う→行動する→願いが叶う」

という、流れがあるのです。


「こうしたい」という意図がない願いは、

ただの“妄想”にしかすぎません。


妄想ではそれをどう叶えていいのか、

宇宙(ユニバース)は判断のしようがありません。


そしてそれに向けて「行動」をしなければ、

具現化はできません。


もちろん自分の本音が見えない、

どう行動していいかわからないということは

よくあることです。


そんな時にはぜひご相談ください。


万物を司る創造のエネルギーによって、

それを解明するお手伝いをいたします。




スピリチャル情報満載の無料メルマガのご登録はこちらから!


閲覧数:13回0件のコメント

Comments


bottom of page