top of page

不安な時に考えてみるとよいこと

更新日:2023年10月27日






今日は、タロットの1枚引き(ワンオラクル・神託)をしてみました。

皆様に向けてのメッセージを、お受け取りください。


なおこれは「マルセイユ版」の解釈によるものであり、

「ウェイト・スミス版」とは違うことをご了承ください。


✼••┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈••✼

■ワンオラクル(神託)メッセージカード〜「月」


明かりが突然消え、いきなり周囲が漆黒の暗闇に包まれてしまったら、

驚くと同時に、何が起きたのか不安になると思います。


しかしそれが暗闇から薄明かりになると、嬉しい反面、

次第に中途半端さが気になり、

それならもっと明るくしてほしいと

落ち着かない状態になるのではないでしょうか。


「月」のカードは、そんな不安な気持ちを表現しています。


同時に今は気になることに根を詰めて考えるのではなく、

まずは自分自身を見つめるべきだとカードは告げております。


自分自身を見つめるとは、ご自身を責めるとか、反省するという意味ではありません。


今は絵空事でもいいので、本当はどうあるべきかと、そして何をどうしたいのか、

自分の心の内側と向き合うことです。


薄暗い月明かりの中、なにか確かな正解を求めても、

手は空を切り、掴んだものがはたして本当に正しいものなのかも

判断ができないと思います。


ですので、もしも今何か重要なことを選択したり、

決定しようとされていることがありましたら、

もう少し先延ばしにしたほうがよさそうです。


それよりもまずは自分の気持ちに向き合い、

どのような日々を送り、未来をどのようにデザインしたいか、

理想をイメージすることが大切です。


3年後、あなたはどこで何をしていますか?

誰と過ごしていますか?

5年後、10年後はいかがでしょう?


そんな未来に向けて、ぼんやりと思いを馳せてみるのも良いと思います。


もちろん「わからない」、もありです。


今は「わからない自分」という状況なのだ、という事実だけ受け止めましょう。

その中からいつか何か気づきを得ることがあるかもしれません。


月はずっと暗闇で輝いているのではなく、

いつしか日が昇り、明るい太陽の日差しがやって来ます。


「必ず日は昇る時が来る」―それが月のカードが意味する本当のところです。


不安な気持ちでいっぱいな時には、

この月のカードからのメッセージを

思い出してみてくださいね。






スピリチャル情報満載の無料メルマガのご登録はこちらから!


タグ:

閲覧数:9回0件のコメント

Commenti


bottom of page