top of page

「上弦の月」やってみるとよい3つのアクション




毎月やってくる上弦の月。


上弦の月とは、新月から徐々に月が満ちていき、

満月となるまでの間に見られる月で、

いわゆる“半月”のこと。


満月に向けてエネルギーが満ちていく時なので、

とても勢いのある状態です。


しかし何事も勢いがありすぎると、 熱くなりすぎ、

様々なものがとっちらかったまま 進んでしまうことも、よくあることです。


一気に拡大していくパワフルさを維持しながら、

上弦の月の力を利用した “やってみるとよいこと”を ご紹介しましょう。


✼••┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈••✼


【「上弦の月」の日にやってみるとよいアクション】

①目標の再確認 やる気に満ちているがゆえに、 目の前のことに集中しすぎてしまい、 「なんのためにやっているのか」が 見えなくなってしまうことが あるかもしれません。 そんなときはゴールは何で、 そこに向けてどうしようとしているのか、 目標の再確認をしてみましょう。

②スケジュールの見直し

パワフルなエネルギーの中、 気がつけばすごい勢いで進めていることも。 逆にパワーをかけなくてもいいところに 集中してしまっていることもありえます。 自分が快適で現実的なスケジュールの 見直しをしてみることをおすすめします。


③決断する

前向きな勢いに乗って、 それまで先延ばしにしていたことに向き合い、 すぱっと決断するとよいでしょう。 ただしそのポジティブな姿勢だけで 現実的にできるかどうかは、 一度考えてみてから決断するとよさそうです。


✼••┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈••✼


満月に向けてパワフルに突き進む 上弦の月の日は、 けして立ち止まる必要はないのです。



その我を忘れてがむしゃらに突き進むような、 エネルギッシュなパワーを、

夢や目標達成の“追い風”として活かしていきましょう。



スピリチャル情報満載の無料メルマガのご登録はこちらから!


閲覧数:6回0件のコメント

Comments


bottom of page