top of page

イライラの正体

更新日:2023年10月7日




先日、久しぶりにイライラしたことがありました。


知人と会話をしていた時に

話が進めば進むほどなぜかむっとしてしまい、

別れた後もその感情は落ち着きませんでした。


話がはずまなかったのは確かにそうなのですが、

それにしてもこの妙に腹立たしい気持ちが ずっと続くのはおかしい。


そう思い、早速セルフワーク(自分で自分をヒーリングすること)を

してみました。


自分で自分をチャネリング(霊視)してみると、

「伝えたことが正確に伝わっていないこと」が

この感情の原因だということがわかりました。


ちょっとしたことなのですが、

たとえば「心が落ち着かない」と私が言ったことを

「頭にきたんですね」と言われ、

「いや、微妙に違うんだけどな」という

心の引っかかりがあったんです。


私たちは人の話を聞いているようで、

案外聞いていないもの。


同じような言葉を、

聞き手に勝手に脳内変換されると、

それだけで違和感を感じます。


たとえばこんな会話が続きました。


・不安定なんです → 不安なんですね(いや不安定と不安は違うよね)

・お休みしたんです→やめたんですね(完璧にストップしたわけではないんだけど)

・ドキドキするんです → 怖いんですね(そうではなく、緊張していただけ)


どれも「完璧に間違っているわけではないけれど、

言いたいことが正確に伝わっていない」

ということに、お気づきでしょうか。


さらに深く潜在意識の中を見てみると、

どうもその起点となる経験は

子どもの頃に話を聞いてくれなかった親への

“怒りの感情”でした。


しかし「聞いてもらえない」と

いう経験を選んでいるのは自分であり、

そこには何らかのメリットがあります。


私にとってのメリットは

“聞いてくれない”という

ワンクッションをはさむことで、

「“何をどうしたいのか“という

自己主張を熟考することができる」

という思い込みでした。


それはもう不要なこととして手放し、

適切な思考に置き換え、

必要な感情感覚を潜在意識に教える

という癒しを行いました。


終わった後は怒りの感情は鎮まり、

むしろそれに気づかせてくれた知人に

感謝したくなったくらいです。


このように私たちのイライラの原因は

もしかすると無意識下の感情・感覚に

触れられたことにより、

まるでスイッチが押されたかのうように、

ネガティブな感情が表面に出てきた

ということが考えられます。


それは潜在意識でのことなので、

なかなか自分では理解しづらいかもしれません。


なぜかイライラが止まらない…

そんな時は解決のお手伝いができますので、

ぜひお気軽にご相談ください。


スピリチャル情報満載の無料メルマガのご登録はこちらから!


閲覧数:29回0件のコメント

関連記事

すべて表示

Комментарии


bottom of page