top of page

スピリチャルとリアルの両面から光を当てる









さて今回は

「土地」に関する私の体験を、

お話ししたいと思います。



以前住んでいたエリアに、

四季折々の風景を楽しめる

とても有名な公園がありました。


いつもファミリーで

賑わっているような行楽地です。


しかしなぜかそこにいくと、

私の心はザワザワして、

なんだか落ち着かない

気持ちになるんです。

あんなに明るく、

きれいでオープンな雰囲気なのに、

私の感覚がおかしいのかな…と思いながらも、

念のためにその土地のエネルギーを

霊視してみました。

すると今は美しい公園になのですが、

その土地に根ざしている本来のエネルギーは

苦しくてネガティブなもの。

さらにもう少しその奥にあるものを見てみると、

辛く、かなり重たい陰湿な波動を感じました。


その場所には戦争や震災の傷跡が

あるのは知っていましたが、

気になったので歴史を調べてみたところ、

さらに昔、実はそこには

「遊郭」があったことがわかりました。


つまり、今は明るい公園でも、

かつてその場所は

多くの女性たちの悲しみと怒り、

そして絶望に満ちた場所だったのです。

(明治時代以降の話ですので、

江戸時代のような文化的社交場

ではありません)



どうやらそこを通るたびに、

その重たいエネルギーが

トリガー(心を動かす引き金)となり、

私自身の中にあるさまざまな

ネガティブな想念を刺激し、

心がザワザワしていた、

というわけだったのです。


もちろんすぐに自分で自分を

浄化しましたが、

ただ単に霊視するだけでなく、

それに加えて実際に歴史を紐解いてみると

さらにその奥に潜んでいるものが

見えてくるー

そんなことを実感した出来事でした。



「なんだかわからないけれど、

心がザワザワする」の背景には、

たいていちゃんとした理由が

あるわけです。



顕在意識(普段意識している部分)では

「何かわからない」場合も、

正確に“霊視”をし、

さらにリアルな“事実確認”を

プラスすることで、

「何が起きているのか」が

より明確になったのです。



スピリチャルとリアルは

時には相反するもののように扱われますが、

実は表裏一体で、

お互いを補完しあう関係性

なのだと思います。

一つの側面からではなく、

両方から光を当てことで、

「真実」はより立体的に

表れてくるのではないでしょうか。


スピリチャル情報満載の無料メルマガのご登録はこちらから!


閲覧数:19回0件のコメント

関連記事

すべて表示

Comentários


bottom of page