top of page

あの世の話





ヒーラーをしていると、

時々“死後の世界”について聞かれることがあります。


いわゆる「あの世」の話ですが、

私たちヒーラーの観点からすると、

それは特別な世界ではなく、

たちと繋がっているシームレスな世界の延長

として捉えています。


実は先日、私はふと思い立って

亡くなった父に会いに行きました。


そういうとなんだかすごいことを

しているように聞こえるかもしれませんが、

シータヒーラーなら初めに受講する

入門のクラスで習うような、

ごく簡単なやり方で

普通に「あの世」にアクセスできるのです。


シータヒーリングの創始者ヴァイアナ・スタイバルさんの著書の中では、

この「あの世」とはどのような世界なのか紹介されています。 (注:ここでいう「第四層」というのが、いわゆる「あの世」のことです)


第四層では(中略)感じ、聞き、味わい、
そして触れることもできます。(中略)
たとえば周囲を空気が走り抜けるのを感じたり、
また焼きたてのパンの香りを感じたりすることもできます。
(中略)第四層では栄養摂取も必要で、食事もします。
(出典「シーターヒーリング」)

つまり生きていた時と

ほぼ変わらない世界が、

広がっているのです。


なので私も久しぶりに実家に行くような感覚で、

あの世にいる父に気軽に会いに行ったのです

(妙に若い時の父が出てきて、ちょっと驚きましたが)。


とにかく怖い世界でもなんでもなく、

今私たちが生きているのと

なんら変わりがありません。


ただ亡くなった人や先祖たちに触れる時に

注意しなくてはならないのは、

その方々が思い込んでいたことが、

今に生きる私たちに関係がある場合です。


特に「自己犠牲」の思い込みは、

私たちに影響することが

多いと言われています。


たとえばあなたにこんな考えはないでしょうか。


・家のために生きなくてはならない

・犠牲にならなくてはならない

・甘えてはならない

・苦労して学ばなくてはならない


それはもしかすると

それは今に生きるあなたの思考ではなく、

先祖の思い込みがあなたに影響を

与えているかもしれません。


ただそれが本当にそうなのかを解明するためには、

きちんと霊視(チャネリング)をして

原因を突き止めてから、

課題にアプローチをしていく必要があります。



ご興味があれば、ぜひお気軽にこちらまでお声がけください。


なお「あの世(第四層)」に

働きかけるヒーリングセッションは、

安心・安全で純粋なエネルギーの中で行いますので、

何か怖いことが起きるわけではありません。

そこはどうぞご安心くださいね。



スピリチャル情報満載の無料メルマガのご登録はこちらから!


閲覧数:37回0件のコメント

関連記事

すべて表示

Hozzászólások


bottom of page