top of page

「これってヒーリングでなんとかなりますか?」そんな時には…





ヒーリングサロンアンファスの メルマガをお読みの方から

ご質問を頂戴しましたので、

そちらに回答したいと思います。


↓↓↓↓ ✼••┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈••✼

【質問】 よく人からイヤなことをされてしまいます。 同じことをやっても、叱られるのはいつも私だけ。 いじめのようなことも受けます。 ヒーリングでなんとかなりますか?


【ご回答】

結論から申しますと、

「なんとかなるかもしれないし、

ならないかもしれないので、

この質問だけだとわからない」

というところです。


というのはクライアントの方のお話を、

もう少していねいにひもとく必要があり、

その過程と結果をご本人も納得することで、

はじめて現実が変化していく可能性が出てくるからです。


たとえばこのようなポイントがあると思います。


①本当にイヤなことをされたという事実があるのか


よくお話を伺ってみると、 実は「イヤなことをされていると感じている」 だけの場合もあります。 明確に叱責されたのではなく、 「イヤな感じを受けた」というものです。

この場合はその方の「感じる」 というところに何かしらの課題があり、

そこにフォーカスすることで 現実が改善される可能性があります。


逆に明らかに一人だけ標的にされている場合 (それを他者も認めるくらいの明確さ)、

なぜ「狙われる」ということを選んでいるのか、

というところを見ていきます。


「選んでいる」意識はなくても、

標的にされるという現実を引き起こしているのは、

実はその方の潜在意識での願望だからです。


たとえば「標的にされるということで、 私は人よりも大切にされる」という

思い違いをしている可能性があります。


その場合は「宇宙の最高の真実における、 大切にされるとはどのようなものか」ということを、 潜在意識にお教えすることで改善することがあります。

② 「いつも」というのはいつからなのか

これは人生の一番初め(幼少期の記憶など)に、

今と同じような「自分だけいやなことをされる」 ということが起きていないか、調べます。

その時に体験したことがトリガー(引き金)となって、

その後の人生に影響を与えている可能性があるからです。


そしてそこ原点をヒーリングで癒すことで、

そこから今現在の現実が変化することがありえます。


③ なんとかなる」のイメージを明確にする


実はけっこうここが重要で、

「なんとかなる」というゴールについて

クライアントの方の望みを明らかにしていく必要があります。


いうのはセッション終了時に、

クライアントの方が望む「なんとかなる」に

なっているかどうかが大切だからです。


たとえば「なんとかなる」ということを

よく伺ってみると、このようなことが出てくるかもしれません。


・自分の行動に誰も触れなくなる

・間違ったことをしても咎められなくなる

・いじめていた人に仕返しができて、すっきりする

・やったことすべてを認めてもらえる


などなど。


そこは本当の希望はなんなのかを、

ていねいにみていかないと

わからないのです。


心理カウンセリングでもよく

「主訴を明確にする」と言われますが、

ここがぶれていると、

現実は変化しない可能性があります。


もちろんうまく言語化できないこともよくありますので、

そこはゆっくりと寄り添いながら、

ご本人の頭と心が納得するような状況に

持っていきますのでご安心ください。


✼••┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈••✼

もしかするとヒーリングのセッションって、 思っている以上に、

ていねいに進めていくなと

思ったかもしれませんね。


なにせ「クライアントの方が望むように 現実を本気で変える」のですから、

宇宙の真理に基づきながら、慎重に進めます。


魔法をかけて一発OK!と いうわけではないのです。

だいたい魔法というものは、 いつか必ず解けますからね。


そしてヒーリングセッションの場は

「最高の真実に基づくように、 現実を変容させる」場です。


「えー、それってひどーい」と共感し、

一緒に悪口を言い合い、

ご相談者の気持ちをすっきりさせる

ストレス発散の場ではありません。


言うなれば、けっこう崇高な空間だと思って、

私はいつもセッションをしています。


もしご興味がありましたら、

ぜひお気軽にお声がけください。


スピリチャル情報満載の無料メルマガのご登録はこちらから!


閲覧数:25回0件のコメント

関連記事

すべて表示

Comments


bottom of page